[PR] すくすく子育て、食育講座を学ぶならここ

6.保障性重視型って? 【ソニー生命の学資保険@情報室】

保障性重視型とは、「親や子どもに万一のときの保障が厚い」タイプの学資保険です。

先に記述した、貯蓄性重視型と比較して「保障」の部分が優れた設計となっています。保障の内容は主に3種類です。
  • 子どもの医療保障:
    疾病・災害による入・通院時などに一定額が支払われる。
    あらかじめ組み込まれているタイプと、特約としてつけるタイプがある。

  • 子どもの死亡保障:
    (考えたくありませんが)子どもに万一のときに見舞金などの名目で支払われる
    (100〜200万のケースが多い)。

  • 親の死亡保障:
    親の死亡時に以後の支払いは免除になり、学資金を受け取ることができる。
    学資保険商品によっては、学資金のみならず毎年育英年金が支給されるタイプもある。
一般的に保障の部分は貯蓄性重視型より優れているタイプが多いのですが、その分「払い込んだ保険料総額より、受け取るお金が少なくなっている」ことにも注目しなくてはいけません。

返戻率(※)は50数%〜90数%台と、各社商品によりさまざまです。

受け取り総額÷払い込み総額×100
 つまり、受け取り総額と払い込み総額の割合。
 返戻率が100%未満だと、払った金額より受け取り金額が少ないことになります。



学資保険 基礎講座 ≫ 1  2  3  4  5  6  7  8  9


ソニー生命の学資保険@情報室 TOP



この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。